医療現場で活躍するための資格案内

国家資格を有する医療資格は、様々なものがあり、医療福祉という新しい分野もうまれています。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

医療現場で活躍するための資格案内

その他の医療資格

国家資格を有する医療資格は、まだまだあります。
医療と一口にいっても、幅が広く、広義の意味での資格を拾っていけば、あれもこれもと、いろいろみつかるものです。
全部ではないにしても、一生の内で、どれかにはお世話になっていると言う人も多いのではないでしょうか。
医療資格と言えば、真っ先に頭に浮かぶのはまず医師、看護師あたりでしょう。
看護師はすでにご紹介した通りです。
医師は、これまたジャンルが幅広く、各種各様の医師がいますね。
最もお世話になっているのは歯医者さんかもしれませんね。
高齢になってくれば、整骨院やらリハビリクリニックやらと通院が増えることでしょう。
最近満員御礼となっているのが心理内科や心理外科でしょうか。
ここまで精神科関連施設が予約でいっぱいになるというのは、けっしていいことではありませんね。
最近になってよく耳にするようになった医療福祉という言葉ですが、これに相当するものとし、介護福祉士、鍼灸師、柔道整復士、社会福祉士、保育士、第1種衛生管理者、受胎調節実施指導員などがあります。
柔道整復士はともかく、社会福祉士や介護福祉士も医療資格?
とも思えるのですが、医師や看護師と連携を組みながら、高齢者や障害者が基本的生活スタイルを人間らしく送れるようにサポートしていく、体調管理にも留意しながら、医師の指導のもとに適切なケアをしていくという意味では医療資格の中でも、福祉と医療徒の間にはしわたしをしていく重要な役割をはたしています。
生活支援が主ですが、時には保育や子育て支援にも携わることがあります。
鍼灸師は近年大学病院や大手の病院でも、専門科を設置するようになりました。
病気を治療するというよりは予防医学とも呼ばれる分野で、病気予備軍の人たちの身体・精神を古代中国から伝承される伝統治療法で、癒していくものです。
実はこの針灸治療がもとで、重大な病気を発見することもあるのです。
薬学で治療行為を行う西洋医学とは相反する治療法ですが、古くから人間の体に存在していた自然治癒力を向上し、病気になりにくい体質改善をしてくれるものとして、大変注目を集めている、広義での医療資格です。
難点は、保険対象外であるために、経費がかかるという点です。
ぜひ保険の対象として、だれでも気楽に利用できるようになってほしいと願うばかりです。
ここ近年は、高齢者だけではなく、小学生から治療を受けにくると言う話しも聞きます。
今の小学生が、どれだけ問題を抱えているのだろうと考えてしまうものがありますね。

Copyright (C)2017医療現場で活躍するための資格案内.All rights reserved.