医療現場で活躍するための資格案内

理学療法士は作業療法士と共通の法律のもとに、患者さんの機能回復訓練を実践していくスペシャリストです。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

医療現場で活躍するための資格案内

理学療法士(作業療法士)の資格を

理学療法士は、数多くの医療資格の中でも、古い歴史を持った資格で、特に高齢者、スポーツをする人、障害者にはおなじみかもしれませんね。
たまに近所のマッサージなどのクリニックで見かける事もあるので、もしかしたら、理学療法士をマッサージ師だと思っている人もいるかもしれません。
理学療法士法という法律にのっとって、厚生労働大臣からの認可を受けて免許を取得した者だけがなれる、正真正銘の国家資格です。
作業療法士とも呼ばれる事もあります。
法律も免許もまったく同じです。
ですから、理学療法士とは、すなわち作業療法士のことだと思って間違いありません。
とどのつまり、どういう人を指していうかと言いますと、身体障害者に対して、基本生活が通常どおり行えるように、動作能力の回復訓練を実践し、さらに電気機器による治療やマッサージ、温熱治療を実践するスペシャリストという事になります。
単に高齢者や身体障害者へのマッサージ行為だけをしているわけではありません。
時には身体麻痺を起した患者さんや赤ちゃんの運動能力促進、難病指定を受けた患者さんへの運動能力回復訓練、言語聴覚の回復訓練など、幅広い世代層へのリハビリテーションを行う事もあります。
ただし、施設によっては、看護師やあんまマッサージ師、柔道整復師などが、これらのリハビリを行っているのを見かけます。
法律の上での話しになりますが、特に理学療法士の資格を取得しなくとも、公的団体によるセラピスト試験を受けて認定を受けるなら、これらの作業を行う事ができるのです。
私立のクリニックを自分で開業する事もできます。
難解な国家試験をわざわざ受けるよりも、むしろ公的機関で認可を受ける方が、早期に独立開業できると思えば、そのように動いても、なんら拘束を受ける事はありません。
近所のマッサージ・クリニックで、この種の人たちを見かけるというのは、こういった背景があるからです。
しかしなんといっても国家試験を受ければ、それなりに給与ももらえますし、全国どこでも通用する医療資格です。
実際、国家資格を有する理学療法士になろうと思ったら、臨床心理士、リハビリテーション医学、理論等、多方面での幅広い知識の習得が必要となってきます。
年齢的な影響も当然受けるでしょう。
どういった方向を目指すかにより、どこで試験を受けるかが変ってきます。
ちなみに、作業療法士との大きな違いはあるのかといいますと、共通の法律の元に置かれた資格ですが、内容的な違いは多少あります。
一般的理解でいうなら、理学療法士の業務は、主として運動療法によるリハビリが多いのに対して、作業療法士は、多種多様な作業をカリキュラムに応じて取り入れながら、機能回復訓練を実践していきます。
ですから、手工芸や創作活動、遊びや運動、食事、料理、掃除、読書、というように、作業内容に固定したものは、ありません。
どちらかというと、社会復帰のための最終的な総仕上げといった印象で解釈する方が正解です。
対する理学療法士は、もう少し前のレベルに戻って実践される、正真正銘の機能回復訓練ですね。
腕なら腕の機能だけを毎日何度も繰り返しトレーニングするというように、気が長い、先の見通しがなかなか見えてこないといった事も多々あるので、忍耐が必要とされます。
患者さんも理学療法士も、お互いに励ましあって、気が遠くなるような長期間を乗り越える作業が必要になってきます。
このように聞くと、とてもしんどい業務のように思えますが、今までまったく動かなかった腕が、指が、そして足が、少しでも動いたとなれば、大きな感動が院内に広がります。
ある意味、人間的なつながりが生まれやすいので、大変やりがいのある医療資格の1つだとも言えるかもしれません。
幼児 教育
幼児の教育に興味のあるお父さんお母さん。お子さんの自ら学ぶ力を育てませんか?

Copyright (C)2017医療現場で活躍するための資格案内.All rights reserved.