医療現場で活躍するための資格案内

看護師は深刻な人材不足が課題となっています。待遇の改善が急務です。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

医療現場で活躍するための資格案内

看護師の種類

人が一生の間に医療にかかるチャンスは、最低でも1回は巡ってきますから、今更という感想を受ける人もいるでしょう。
意外と知られていない部分もあると思いますので、あらためて看護師についておさらいをしていけたらと思います。
今や引き手あまた、深刻な人材不足に悩む医療資格の1つです。
これだけ何年も求人が叫ばれていながら、いっこうに充足する気配が見えないというのは、いったい何があるのでしょうか。
よく耳にするのは、人間関係の難しさや待遇の悪さといった事です。
かつては女性ばかりの職場でしたから、とかく女同士の確執というのは起きやすいものです。
また患者さんを車いすへ移動させ、病室から病室へ移動させる時の肉体的負担は大変大きいものがありました。
そして夜勤と日勤という不規則な生活で、育児や家事もままならず、ほとんどの看護師が、過労死という大きなリスクを背負っているという衝撃的な結果を導き出された事もあり、確かにこれでは中途退職していく人が後を絶たないのもわかるような気がします。
ようやく数年前から男性が職場へ導入されるようになって、肉体的にはだいぶ軽減されるかと思いきや、女性ばかりの職場へいきなり男性1人放り込まれた結果、女性のパワーに押されるかのように、たちまち元気を無くしていく看護師も続出、まもなく発展途上国から看護師予備軍を招き入れる事となり、そちらの方が評判良いという皮肉な結果になっています。
何かと物議を醸し出す看護師ですが、保健師助産婦看護師法という法律に基づいて、厚生労働大臣の認可を頂くことにより、はじめて業務に就くことができる、国家資格を有する医療資格の1つです。
看護師と一口に言いましても、種類があります。
国家資格を有するのは正看護師です。
民間資格である准看護師というのもありますが、スキルアップを考えるなら、やはり正規の看護師資格を持っていた方が有利です。
認定看護師、専門看護師というように、業務内容によって、種類分けされています。
認定看護師は、熟練看護師のための資格ですので、看護師なりたての人には縁が薄い医療資格です。
特定の看護分野での知識と技術を備えたケアができる看護師として、日本看護協会から認定を受けた人たちです。
スムーズな業務遂行のために、新たな教育課程を修了しなければなりません。
専門看護師とは、日本看護協会内に設置された専門看護師認定試験に合格した上、特定の分野に優れた能力を発揮していると認められた人たちです。
認定看護師も専門看護師も、大変名誉な医療資格ですが、熟練した技、もしくは卓越した能力を要求されるので、職場を転々としているような状態では、なかなか取得がむずかしいのではないかとも思えます。
一昼夜で取得できるほど、看護師の技能や能力は簡単ではありませんから。
ある意味がんばっている看護師さんたちへの励ましともとれる資格ですが、がんばれるためには、職場環境の改善が若干必要かもしれませんね。

Copyright (C)2017医療現場で活躍するための資格案内.All rights reserved.