医療現場で活躍するための資格案内

現在社会問題にもなっている精神障害者問題と深く関わり、社会復帰や自立にむけたサポートなどを行っています。活動拠点は多岐にわたっています。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

医療現場で活躍するための資格案内

精神保健福祉士の事

現在、うつ病や統合失調症などの精神や心の病に苦しむ人たちが世代を越えて急増しており、社会問題となっていますが、精神保健福祉士は病院やクリニック、障害者専門福祉施設などで、そうした社会的弱者と呼ばれる人たちのもっとも身近なところで、保険や福祉関連の専門知識や技術を駆使して、精神障害者のあらゆる相談に応じています。
かつては精神ソーシャルワーカーとも呼ばれ、退院後の社会的自立まで支援の手をのばしていました。
病院から飛び出し、地域の精神保健福祉センター、保健所、各精神障害者福祉施設などで権限に応じた業務の遂行にあたっています。
ニーズに合わせて、企業に派遣され、企業内での障害者指導やメンタルヘルス的役割をになう事もあります。
活動範囲は実に多岐にわたっており、ますます需要は増えていく傾向にあります。
過去に精神障害者が引き起こしたハイジャック事件や重要な事件に関わってしまった精神障害者に対しての社会復帰のためのお手伝いや精神保健参与員という、大変責任の重いポジションに置かれる事もあります。
分野的には医療資格一色というよりは医療福祉の分野に分類される事もあり、医療と福祉の中間にいて、両者間を行き来しているような形になっています。
厚生労働省の精神保健福祉法に基づいて、厚生労働大臣からの許可をいただいて、初めて精神保健福祉士の名前を使う事ができます。
他の医療資格との大きな違いは、他の資格ですと、医療関連の他の業務が代行できる部分が多々存在するにもかかわらず、精神保健福祉師に関しては、専門業務ですから、ほかの分野の人が代行するのは難しい面があります。
就労支援や基本的日常生活支援などが主な業務内容というようにまとめることができるでしょう。
この医療資格を取得するには医療福祉関連の大学か専門学校に進学し、一定のカリキュラムを履修した後に国家試験にパスしなければなりません。
その後登録資格要件を満たしていれば、財団法人社会福祉振興・試験センターに、登録申請をし、登録簿に登録されれば、晴れて精神保健福祉士としての活動をスタートさせる事ができます。
登録証を交付されるので、社会的にも有資格者であると宣言することができます。
精神保健福祉士が活躍できる場所は前述通り、大変幅広いものがあり、それだけニーズが高い分野であると言えます。
先人達はどういった処に拠点をかまえているかといいますと、地方自治体職員、病院、精神障害者福祉施設、メンタルクリニック、障害者相談支援センター、ホスピタル、地域活動支援センター、高齢者施設、生活訓練施設などとなっています。
卒業したスクールによっては、福祉住環境コーディネーターや手話検定などの資格を同時取得できるところもあり、さらに障害者初級スポーツ指導員や赤十字救急法救急員を一緒に取得してしまう人もいるようです。
しかし国家資格を有する医療資格は、やはり精神保健福祉士であって、それ以外は民間資格になります。
関心があり、将来病院以外の就労を検討しているなら、あわせて、これらの資格も取得しておいてもいいのではないでしょうか。

Copyright (C)2017医療現場で活躍するための資格案内.All rights reserved.