医療現場で活躍するための資格案内

比較的新しい医療資格の1つですが、様々な分野で活躍しています。

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

医療現場で活躍するための資格案内

言語聴覚士に関して

理学療法士、作業療法士などリハビリのスペシャリストはいろいろありますが、その中で最も歴史が浅く、かつ現代最も必要とされているスペシャリストの1つです。
言語聴覚士法という法律が1997年に制定され、現在にいたっているわけですが、これも国家資格を要する医療資格の1つです。
言語聴覚士というくらいですから、音声、言語、聴覚に障害を持つ患者さんに対して、テストや検査、評価を実施して、まず問題の本質がどこにあって、どのような仕組みから、そうなっているのか、先天性のものか、何らかの病気のせいか、機能回復訓練がどこまで適応できるか、どのような対処法がいいか、今後の治療方針はどのように進めていくべきかなど、様々な角度から対処法を、医師、看護師、理学・作業療法士、ソーシャルワーカ、介護士、または教師や心理職、福祉施設職員といった各界のスペシャリストらとタックルを組んで、取り組むのが主な仕事となります。
必要に応じてアドバイスや訓練、生活サポートを行っていきます。
コミュニケーション機能においてのスペシャリストであり、高齢者を対象とするケーズが多いのですが、何らかの原因で難聴もしくは失語症、食べるための機能の障害、発音機能障害、言葉の発達障害を引き起こした年少児童を対象にする事もあります。
検査やテストはともかく、聴覚障害者へのサポートは特に言語聴覚士の医療資格がなくても、実践することはできます。
時として医師や看護師など、他の医療専門家が行う事もあります。
また最近話題にのぼるようになった、要約筆記などは、まさに聴覚障害者へのサポートを主としている社会活動です。
では言語聴覚士ならではの業務とは何かといえば、その障害の根源をあきらかにするためのテストや検査、評価かもしれません。
ある程度専門的にまなばなければ、こうした高度な医療行為は難しいと思われます。
言語聴覚士になるには、とにかく国家試験に合格しなければなりませんが、それ以前に養成学校なり大学なりで必要な技能や知識を積まなければなりません。
高校を卒業した18才以上から、養成学校もしくは専門学校で2年〜5年学ぶか、一般大学で2年以上学んで資格取得を目指すという2つの方法があります。
男性だけではなく、ぜひ女性にも目指してほしい医療資格です。
実際女性の言語聴覚士が社会では多く活躍しています。
また女性が働きやすいように、保育施設を整備している処も多いので、働きやすいのではないかと思われます。
活躍できる場所もとても多種多様あります。
医療施設はもちろん、保険施設、福祉施設、教育機関など、あらゆるシーンで活躍できるので、自分が、まずどういう処ではたらきたいかといった目星をたてて、就活に臨むのがいいのではないでしょうか。

Copyright (C)2017医療現場で活躍するための資格案内.All rights reserved.